ケミカレーション、矯正デジパー

ケミカレーション

ただの矯正とは訳が違います

 

柔らかく、艶がある

そんな極上な質感の仕上がりです

 

実はここのオープン当初は、薬剤の力をコントロールすれば大丈夫だと思っていました。

どういうことかと言いますと、

アルカリと酸性

還元と酸化

これらがパーマの基本原理なんですね

あ、それとですね

 

加齢やダメージでできた穴をどうする?

という疑問を解決しないまま、薬剤コントロールでやってきていました

 

で、やっぱりぶち当たる壁は

ダメージの補修だった訳です

 

細かいことは省きますが

ダメージ補修、疎水化、キューティクル補修

これらをしっかりやることでもちょっとした癖なら収まります

 

それらを利用する訳ですね

そうすることによって薬剤の力を半分〜3分の1くらいに抑えられるんです

 

だからダメージは少ない

 

とはっきり言えます

 

薬剤使う以上はダメージは当然ありますが、補修、疎水化、を同時にやるので見た目にも、感触も綺麗になりま

 

これがケミカレーションです

 

造語らしいですが 笑

 

ちょっとビフォアーがないので比べられませんが

まあまあ癖が強く、定期的に縮毛矯正をかけないと後ろの方とかがモワモワ、ウネウネ、と膨らむ髪質です

すでに矯正してあるところにはデジパーをしました

 

 

 

特に後ろの癖が強く、実は矯正が伸びにくかったりするお客様ですが

ちゃんと綺麗になっています

 

 

本当は正面から撮ればいいんですけどね〜 笑

 

恥ずかしいもんで、、

 

私が 笑