沁みないカラーのご提案

前回の記事から間隔が空いてしまいましたが

色々とレベルアップしました

 

「沁みないカラー」ですが

かなり効果がありますね

 

今まで沁みていた方からも

「全く沁みない」

「ほとんど感じない」

などと声をいただいております

 

よかったよかった^^

 

沁みる方=肌が弱い方

ではないんですね

 

沁みなくてもちゃんとカラーのダメージは受けています

 

ずっと1ヶ月以内で白髪染めをしてきたおばあちゃんがいい例です

髪も薄くなり、弱々しく染めてもすぐに色落ちするような状態です

 

って、普通の方はあまり見たことないですね 笑

 

我々のような商売をしていると時々見かけるんです

ですからヘナで染めたりするんですね

 

ヘナもインディゴを重ねて塗らないとただのオレンジになるから

オレンジのご年配の方はマニキュアかヘナでしょうね

 

 

話がそれましたが

 

カラーのダメージというのは

沁みる沁みないに関わらず誰でも進行するもの

ということを私は言いたいわけです

 

「ああ、この1塗りが地肌を炒めるのか・・」

 

などと考えた時期もありました

 

「いっそのことヘナ専門店にしようか・・」

 

とも

 

でも、もう沁みなくなったので

かなり安心しておすすめできるようになりました^^

 

沁みる方というのは酸化やアルカリ剤に敏感な方です

ダメージの大半は「酸化」です

 

沁みなくなったということは酸化しなくなったということですね

これを取り入れ、提案しないことは美容師として「罪」なんじゃないか?

とさえ思います

 

 

あ、ちなみに

当店自慢のオリジナルシャンプートリートメント

「輝」

は抗酸化作用の非常に高い「プラチナコロイド」等を配合しているので

酸化によるダメージを除去できます

 

髪質が変わると評判ですが、そこら辺まで計算されています

 

 

というわけで

「沁みないカラー」これからもバンバン使っていきます

 

お客様の意見は聞きません 笑

 

だって聞くまでもないですよね?笑